ノーベル賞のダイヤモンド氏:来年FRB理事再指名の場合受け入れる

今年のノーベル経済学賞受賞が決 まっている米連邦準備制度理事会(FRB)理事候補、ピーター・ダ イヤモンド氏は、上院が年内に理事就任を承認せず、ホワイトハウス が来年再び理事に指名する場合、それを受け入れるとの考えを明らか にした。

上院が「レームダックセッション(選挙の後、新会期が始まるま での重要な法案審議がない期間)」に入る中、12月に終了する今会期 中にダイヤモンド氏(70)の指名が承認されない場合、オバマ政権は 来年、同氏の指名について再び判断しなければならない。

ダイヤモンド氏は30日のワシントンでのインタビューで、来年再 指名された場合受け入れるかどうかとの問いに対し、「はい」と答えた。 その場合、上院は2012年末までに同氏の指名について決める必要があ る。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE