ムーディーズ:インドネシアの格付けを引き上げ方向で見直し

米格付け会社ムーディーズ・イ ンベスターズ・サービスは1日、インドネシアの自国通貨建ておよ び外貨建てのソブリン格付けを現在の「Ba2」から引き上げ方向 で見直すと発表した。景気回復力と債務状況の改善を理由に挙げて いる。

ムーディーズは昨年9月に同国の信用格付けを投資適格級から 2段階低い「Ba2」に引き上げ、今年6月には格付け見通しを 「ポジティブ(強含み)」に引き上げている。

ムーディーズのインドネシア担当主任ソブリン債アナリスト、 アニンダ・ミトラ氏(シンガポール在勤)は「景気回復は持続して おり、対外収支はうまく管理されている。インフレのファンダメン タルズ(基礎的諸条件)も良好だ」と指摘した。「インドネシア中 央銀行の最近の外貨準備の改善と政府債務負担の継続的な削減が、 リスク認知を低下させ、海外からの直接投資と長期資本の流入を一 段と促している」と分析した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE