米既存店売上高:先週3.5%増加、「ブラックフライデー」の客足好調

米国の11月27日終了週の小売 売上高は前年同期比で増加した。景気低迷後の信頼感回復に伴い、 感謝祭翌日の「ブラックフライデー」からのセールに買い物客が殺 到した。

米国際ショッピングセンター評議会(ICSC)とゴールドマ ン・サックス・グループが11月30日に発表した先週の小売売上高 は同0.5%増。既存店の小売売上高は同3.5%増だった。この数字に はオンライン販売は含まれてない。

11月の米ロイター・ミシガン大学消費者マインド指数(確定値) は予想を上回る5カ月ぶりの高水準だった。

全米小売業協会(NRF)の発表によると、店頭やウェブサイ トへの客足は約2億1200万人で、平均購入額は365.34ドル(約3 万760円)。オンライン販売の割合は全体の3分の1余りと過去最高 に増えた。ICSCは11月の月間小売売上高が前年同月比で最大 4%増加すると予想している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE