ブラジル:来年9750億円の予算凍結で利下げ環境整備の公算-財務相

ブラジルのルセフ次期政権は来 年、新たな歳出プログラムへの取り組みを避け、ブラジル国立経済社 会開発銀行(BNDES)への補助金も減らすことで、中央銀行によ る利下げの環境を整えることになるだろう。同国のマンテガ財務相が 指摘した。

ブラジリアで行われたインタビューで同相は、ブラジル政府は 2011年予算のうち同国国内総生産(GDP)の約0.5%相当に相当 する200億レアル(約9750億円)余りを凍結し、公的需要を削減す る可能性があると語った。

マンテガ財務相は「こうした財政面での対応を通じ、利下げ環境 を整えることは重要だ。最終的には自国通貨相場にとってもプラスと なるからだ」と言明。同相は、来年1月1日に大統領に就任するルセ フ氏から留任を要請されている。

同相は、中銀による来年の政策金利の決定はインフレ統計次第だ とした上で、「財政上の観点からすると、利下げ余地があることに疑 いはない」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE