ブラジル財務相:レアルは妥当な水準-欧州問題で通貨戦争は停戦状態

ブラジルのマンテガ財務相は、 通貨レアルは「妥当な」水準で推移していると語るとともに、欧州の 債務危機で世界的な通貨戦争は一時的な「停戦」状態にあるとの認識 を明らかにした。

同相はレアル上昇を阻止し、ブラジルの製造業を海外業者との競 争から保護するため、必要があれば追加措置を講じる考えを示した。 また、通貨戦争は先進国経済が回復してはじめて終結するとの見通し を示した。ブラジルのルセフ次期大統領はマンテガ氏に留任を要請し ている。

ブラジリアでインタビューに応じたマンテガ財務相は、レアルの 水準について聞かれると、「満足しているとは言わないが、妥当だ」 とし、「通貨戦争は、欧州での問題悪化で今は停戦状態となっている。 必要ならブラジルはさらに行動する」と述べた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 望月千晶 Chiaki Mochizuki +81-3-3201-7292 cmochizuki@bloomberg.net Editor:Akiko Kobari 記事に関する記者への問い合わせ先: Arnaldo Galvao in Brasilia Newsroom at +55-61-3329-1608 or agalvao1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Joshua Goodman at +55-21-2125-2535 or jgoodman19@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE