ロシア:中国提案の北朝鮮めぐる6カ国協議支持-国連大使(Update1

ロシアのチュルキン国連大使は30 日、北朝鮮による韓国・延坪島への砲撃を受けて中国が提案している 北朝鮮をめぐる6カ国協議の開催を支持する意向を表明した。

同大使はインタビューで、「皆がそのような協議に参加可能であれ ば有益なものになり得ると考える。われわれはこのイニシアチブを前 向きにとらえている」と語った。

中国は28日、朝鮮半島の緊張緩和に向け、北朝鮮の核問題をめぐ る6カ国協議の首席代表による緊急会合を12月初めに北京で開催す ることを提案。ただ、日米韓は、北朝鮮のより具体的な対応が必要だ として、中国の提案を受け入れていない。

日本政府はこの問題を国連安全保障理事会に提起したい考えだが、 中国が反対している。日本の西田恒夫国連大使は国連本部で記者団に 対し、最善を尽くしていると表明。安保理での合意形成に努力してい るものの、まだこの問題を安保理で取り上げるには至っていないと説 明した。

安保理常任理事国の米国と、12月末までの非常任理事国の日本は、 中国とロシアなどの他の安保理理事国と2国間での話し合いを続けて いる。日米は安保理としての行動を正式には提案していない。

チュルキン大使は、「安保理で話し合いすることは可能だろうが、 どの国もまだ提案していない」と述べ、この問題への安保理の関与に ついて、ロシアが選択肢として排除していないことを示唆した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE