【テクニカル分析】円相場、81円19銭に上昇も-RBCが指摘

【記者:Allison Bennett】

11月30日(ブルームバーグ):円は、一目均衡表の雲の上限を抜 けた場合、1ドル=81円19銭に上昇する可能性がある。ロイヤル・ バンク・オブ・カナダ(RBC)が指摘した。

RBCの債券・通貨ストラテジー担当チーフテクニカルアナリス ト、ジョージ・デービス氏(トロント在勤)はインタビューで、ドル が終値ベースで雲の上限である1ドル=83円40銭を下回った場合、 円は82円16銭、81円19銭に上昇する可能性があると予測した。

一目均衡表は通貨の方向性を予想する際に利用される。雲は、過 去の値動きから算出した2本の先行スパンに挟まれる範囲を指す。

デービス氏は「現時点で雲の上限は下値支持線の役割を果たして おり、円安の流れに歯止めをかけている」と指摘。「雲の上限は83円 40銭、下限は82円16銭だ」と述べた。

円相場は30日、1%高の1ドル=83円43銭まで上昇した後、 83円65銭となった。一時は84円32銭に下落していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE