米社債保証コスト上昇、欧州危機とウィキリークスの問題で

30日のクレジット・デフォル ト・スワップ(CDS)市場では、米企業の社債保証コストが上昇。 欧州債務危機が悪化しているとの懸念が広がったほか、内部告発サイ ト「ウィキリークス」が来年公表を計画している米銀に関する文書を めぐる思惑が強まった。

マークイット・グループによれば、北米企業の信用リスクの指標 であるマークイットCDX北米投資適格指数のスプレッドは、2.9ベ ーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の99.6bp。

フィフス・サード・アセット・マネジメントのマネーマネジャー、 マーコ・ミケリック氏は「2008年以降、誰もが警戒感を強めている」 と指摘。08年以降の動きは「人々の記憶に新しく、英BPの原油流 出事故や欧州のメルトダウンの可能性などもあり、人々は恐らく何事 に対しても特に慎重になっている」と説明した。

米銀バンク・オブ・アメリカ(BOA)の社債保証コストが急上 昇。ウィキリークスが同行の幹部1人の機密書類を来年公表するとの 観測がトレーダーの間で強まった。BOAのCDSスプレッドは

24.6bp上げて220.1bpと、1年5カ月ぶり高水準。ゴールドマ ン・サックス・グループやシティグループ、モルガン・スタンレーの 社債保証コストも上昇した。

-- Editor: Richard Bedard, Faris Khan

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki1@bloomberg.net Editor: Ryoji Uchida、Akiko Kobari 記事に関する記者への問い合わせ先: Mary Childs in New York at +1-212-617-6289 or mchilds5@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Alan Goldstein at +1-212-617-6186 or agoldstein5@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE