アイルランド:銀行劣後債保有者に負担を強いる可能性

更新日時

アイルランド政府は、銀行劣後債 保有者に債務減免の受け入れを強いることによって、同国金融システ ムの救済コストの一部を投資家に負担させる可能性がある。

アイルランドは、10年間続いた不動産ブームが2008年に終息し た後に破綻の危機にひんした銀行の救済などで670億ユーロ(約7兆 4100億円)規模の国際支援パッケージを要請している。

同国財務省は1日にウェブサイトに掲載した文書で、「法制化を通 じた強制的な負担の分担はあり得る。これに関して法案が現在、 準備されている」と説明。「極めて大幅な割り引きによる流動性管理の 行使」も「適正」だろうとした。

当局への届け出によると、アライド・アイリッシュ銀行とアイル ランド銀行は、過去1年9カ月に劣後債に関する合意によって合わせ て34億ユーロの利益を得ている。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 城塚 愛也 Aiya Shirotsuka +81-3-3201-2482 ashirotsuka@bloomberg.net Editor: Kanta Watanabe ニューヨーク 西前明子 Akiko Nishimae +1-212-617-2601 anishimae3@bloomberg.net 記事に関する記者への問い合わせ先: Joe Brennan in Dublin at +353-1-523-9522 or jbrennan29@bloomberg.net; 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Edward Evans at +44-207-073-3190 or eevans3@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE