コンテンツにスキップする

NHTSA局長:トヨタ車の急加速問題、調査報告書で詰めの作業

トヨタ自動車が製造した自動車の 「意図しない急加速」をめぐる問題を調査する米運輸省道路交通安全 局(NHTSA)と米航空宇宙局(NASA)がまとめる報告書は、 NHTSAのデービッド・ストリックランド局長が当初望んでいた米 国での今秋の公表には間に合わない見通しだ。

ストリックランド局長は30日、ワシントンで記者団に対し、「き ちんと仕上げることをわれわれは望んでいる。詰めの作業が必要であ れば日程にこだわるつもりはない」と語った。

NASAは、トヨタ車の意図しない急加速問題で8カ月前に調査 を開始。米運輸省は3月30日、トヨタ車のアクセルペダルと電子制御 システムに関する調査がNASAの専門家の手で行われることを明ら かにしていた。

トヨタ米国部門の広報担当、ジョン・ハンソン氏は電話インタビ ューで、「当社はスケジュールについてNHTSAから何も知らされて いない。報告書発表のタイミングはすべて当局次第だ」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE