コンテンツにスキップする

米FRB議長:失業期間の長さは「非常に気掛かり」

バーナンキ米連邦準備制度理事会 (FRB)議長は30日、失業期間の長さは「非常に気掛かりだ」と述 べ、失業は消費者信頼感に響くと指摘した。オハイオ州でのイベントで 発言した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 渡辺漢太 Kanta Watanabe +81-3-3201-7113 kwatanabe22@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE