コンテンツにスキップする

英国債:上昇、ドイツ債とのスプレッド縮小-ユーロ圏債務危機を懸念

英国債相場は上昇。ユーロ圏 の債務危機が悪化するとの懸念から、比較的安全な代替投資先に資 金を移動する動きとなり、英国債やポンドに対する需要が高まった。

ポンドは対ユーロで続伸し、月間ベースでは2009年1月以降 で最大の値上がり。イタリア10年債の英10年債に対するプレミア ム(上乗せ利回り)は拡大し、09年3月以来の最大となった。

みずほコーポレート銀行の欧州ヘッジファンド営業責任者、ニ ール・ジョーンズ氏(ロンドン在勤)は「ユーロ圏外という事実が 具体的な恩恵となっている」と語った。

10年債利回りは前日比12ベーシスポイント(bp、1bp=

0.01%)低下の3.22%。10月29日以降の上昇幅は18bpに縮 まった。2年債利回りは前日比9bp低下し0.9%。月間ベースで は6bp上げた。

英10年債の同年限のドイツ国債に対するプレミアムは55bp と、1週間前の71bpから縮小。5月時点では103bpと、今年 最大となっていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE