コンテンツにスキップする

第3四半期カナダGDP:年率1%増に鈍化、市場予想を下回る伸び

カナダの第3四半期(7-9 月)国内総生産(GDP)の伸び率は、エコノミストの予想以上に 減速した。カナダ・ドルの上昇で輸出が抑制され、輸入が拡大した。 カナダ銀行(中央銀行)にとっては、来年に入っても政策金利を現 行水準で据え置く理由が増えた格好だ。

カナダ統計局によると、第3四半期のGDPは年率1%増加。 ブルームバーグがまとめたエコノミスト26人の予想中央値は

1.5%増。カナダ銀行の先月時点の予想は1.6%増だった。第2四 半期(4-6月)の成長率は2.3%、第1四半期(1-3月)は

5.6%に修正された。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE