コンテンツにスキップする

欧州債務危機は「無差別」感染の様相、ユーロ売り圧力再燃も-シティ

欧州債務危機の封じ込めを図る 政治的取り組みは奏功していないもようだ。ベルギーやフランスの国 債利回りも上昇し、この無差別感染がユーロ売り圧力を再燃させる公 算だと、シティグループが指摘した。

シティの為替ストラテジスト、バレンティン・マリノフ氏(ロン ドン在勤)は30日の投資家向けリポートで、「ユーロ圏の感染はほ ぼ無差別の状態になっている」とし、「今までのところ、ユーロ圏の 政治家が、一層のスプレッド(利回り格差)拡大を防ぐのに十分に迅 速かつ強力な措置を取る兆候はほとんど見られない。一段のユーロ売 りを排除できない」としている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE