コンテンツにスキップする

独ティッセンクルップ:9月通期は黒字確保-費用削減などで

ドイツの製鉄最大手、ティッセン クルップの2010年10月通期決算は、黒字を確保した。コスト削減に 加え、金属需要の増加が寄与した。

同社の30日の発表資料によると、純損益は8億2400万ユーロ (約910億円)の黒字(前期は18億6000万ユーロの赤字)だった。 ブルームバーグがまとめたアナリスト11人の予想平均の7億5240万 ユーロの黒字を上回った。

欧州最大の経済国ドイツは今年、世界的な製品需要の拡大と家計消 費の増加の恩恵を受けている。エレベーター製造や発電所の補修修理も 行う同社は、5事業部門を2部門に再編したほか、部門売却で従業員数 を減らすなどコスト削減を実現した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE