コンテンツにスキップする

LTT株2カ月ぶり高値、中国企業と新DDS製剤の共同研究開発へ

薬物送達システム(DDS)製剤 の開発ベンチャーのLTTバイオファーマ株が急伸。一時前日比17% 増の2万円と10月4日(2万160円)以来、約2カ月ぶりの高値水準 を回復した。中国企業と、新たなDDS製剤の研究開発を共同で行う 共同研究開発契約を締結したため、今後の連携効果を見込む買い注文 が膨らんだ。午後1時20分時点で東証マザーズ市場の上昇率3位。

同社が29日の取引終了後に発表したリリースによると、LTTが 研究し、各種薬剤を封入することができるステルス型ナノ粒子の技術 を用い、新たなDDS製剤の研究開発を中国の北京泰德制药股份有限 公司との間で行うという。LTTでは、北京泰德の発行済株式の

11.52%を保有している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE