コンテンツにスキップする

フラワーズ氏:ブラジル銀BTGへの出資交渉、GICと組み-関係者

米投資会社JCフラワーズ を率いるクリストファー・フラワーズ氏は、シンガポールの政府系フ ァンド(SWF)、シンガポール政府投資公社(GIC)を含む投資 家グループに加わり、ブラジルの投資銀行バンコBTGパクチュアル の株式を取得する方向で協議していると、交渉に詳しい関係者3人が 明らかにした。

計画は非公開だとして同関係者らが匿名を条件に語ったところ によると、BTGの経営権を握るブラジルの資産家アンドレ・エステ ベス氏が同社株約15%を同グループに約15億ドル(約1260億円) で売却する方向で交渉している。週内にも発表される可能性があると いう。

関係者の1人によれば、BTGへの投資はフラワーズ氏による ブラジルで初の投資案件となる。

エステベス氏と投資パートナーらは昨年、株式の引き受けでブ ラジル首位のバンコBTGパクチュアルをスイスの銀行最大手UBS から25億ドルで購入した。BTGパクチュアルは今年6月、市場の 状況を理由に新規株式公開(IPO)を取りやめているが、同社投資 銀行部門責任者のギリェルメ・パンエス氏は8月、同社は新興国株へ の外需の高まりで恩恵を受けていると指摘した。

BTGの広報を担当する会社の担当者は匿名でコメントを控え た。フラワーズ氏のオフィスへの電話には返答は得られていない。G ICの広報担当ジェニファー・ルイス氏からもコメントは得られてい ない。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE