コンテンツにスキップする

オバマ大統領、ウォルマートCEOらと会談-米経済で意見交換

オバマ米大統領は29日、小売り 最大手ウォルマート・ストアーズのマイク・デューク最高経営責任者 (CEO)と消費財最大手プロクター・アンド・ギャンブル(P&G) のアラン・ラフリー前CEOとホワイトハウスで会談した。

ホワイトハウスのギブズ報道官によれば、これは米最大級の雇用 主となっている企業から意見を得るためにオバマ政権が始めた一連の 話し合いの一環。こうした会談を通じ、国内経済の回復促進を目指す。

同報道官は「多くを雇用しているこれら企業の見識やアイデアを 得ることは、大統領と政権チームが下さなければならない経済政策判 断にとって重要だ」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE