コンテンツにスキップする

米ヘッジファンド、ガス買い越しが4カ月ぶり高水準-厳冬で需要観測

米ヘッジファンドの天然ガス相場の 上昇を見込む買い越しが4カ月ぶりの高水準となった。例年より寒い天 候がヒーティングオイル(暖房油)需要を増やし、記録的な高水準にあ る在庫が減少するとの見方が背景にある。

米商品先物取引委員会(CFTC)の週間建玉報告によると、ヘッ ジファンドなど大口投機家は23日終了週に買い越しを50%増やした。

気温の低下が在庫を3月以来初の減少に導き、ガスの価格は12%上 昇の100万BTU(英国熱量単位)当たり4.264ドルとなった。冬季にピ ークを迎えるガス需要は、今年1月に6ドルを上回った。米エネルギー 省によると、国内世帯の約52%はガスを暖房に使用している。

19日終了週のガス在庫は3兆8370億立方フィートと、過去最高だっ た前の週の3兆8430億立方フィートから減少した。総在庫は5年間平均 を9.5%上回った。

CFTCによると、ヘッジファンドなど大口投機家が保有する天然 ガスの先物とオプションの買い越しは23日終了週に2万7292.5枚増加し 8万2084.25枚となった。増加は4週連続で、8月以来の高水準。

-- With assistance from Christine Buurma in New York. Editors: Dan Stets, Bill Banker

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 淡路毅 Takeshi Awaji +81-3-3201-2107 tawaji@bloomberg.net Editor:Hidekiyo Sakihama 記事に関する記者への問い合わせ先: Asjylyn Loder in New York at +1-212-617-5771 or aloder@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Dan Stets at +1-212-617-4403 or dstets@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE