コンテンツにスキップする

ルノー:約3年ぶりのサムライ債、需要調査L+145~+165bp

フランス第2位の自動車製造業ルノ ーは円建て外債(サムライ債)を発行する。年限は2年、発行額は未定。 条件決定は12月上旬を予定している。主幹事はビー・エヌ・ピー・パ リバ証券東京支店とみずほ証券が務める。30日にルノーが関東財務局に 提出した訂正発行登録書で明らかになった。

事情に詳しい関係者によると、すでに投資家向け需要調査を開始し ており、スプレッド(金利上乗せ幅)は円スワップレート比+145ベー シスポイント(1bp=0.01%)から+165bpを予定している。

ブルームバーグ・データによれば、08年のリーマン・ショック以降 で初の製造業によるサムライ債となる。ルノーの前回のサムライ債発行 は同年1月で、今回は約3年ぶり。同社は12月に500億円、来年1月 に450億円のサムライ債の償還を迎える。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE