コンテンツにスキップする

7-9月の豪経常収支:赤字幅が拡大-豪ドル高で輸出減少

オーストラリアの7-9月(第3 四半期)の経常収支は赤字幅が拡大した。豪ドルの上昇で輸出が減少 したことが響いた。

豪統計局が30日発表した7-9月の経常収支は78億3000万豪ド ル(約6360億円)の赤字と、4-6月(第2四半期)の改定値54億 1000万豪ドルの赤字から拡大した。ブルームバーグ・ニュースがまと めたエコノミスト22人の予想中央値では66億豪ドルの赤字と見込ま れていた。

7-9月に豪ドルが15%上昇する中、輸出額は1年ぶりに減少し た。統計局によれば、純輸出は、12月1日に発表する同四半期の国内 総生産(GDP)成長率を0.4ポイント押し下げる要因となった。

オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)の豪マクロ経 済担当責任者、ケーティ・ディーン氏(メルボルン在勤)は統計発表 前に、「力強い投資サイクルを支える資本純流入の増加が貿易黒字の伸 びを相殺するため、豪州の経常赤字は2011-12年にかけて一段と広が るだろう」と語っていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE