コンテンツにスキップする

11月の英消費者信頼感、4カ月ぶり低水準-GfK・NOP

英国の11月の消費者信頼感指数 は予想に反して4カ月ぶりの低水準に落ち込んだ。歳出削減計画が同 国の2011年の見通しにマイナスとなっているもようだ。英調査会社 GfK・NOPが調査結果を明らかにした。

GfK・NOPの30日の発表によれば、消費者信頼感指数はマ イナス21と10月から2ポイント低下。ブルームバーグ・ニュース がエコノミスト13人を対象に実施した調査では、前月と変わらずの マイナス19(予想中央値)が見込まれていた。向こう12カ月の景 況感の指数はマイナス22と、2ポイント低下した。

GfK・NOPソーシャル・リサーチのマネジングディレクター、 ニック・ムーン氏は発表文で今回の統計について、「良いニュースで ないのは明らかだ」と指摘。「今月の数値で中でも懸念されるのは、 構成指数のうち最悪だったのが今後の見通しに関するものだったこと だ」と付け加えた。

同調査は今月5-14日に1999人を対象に実施された。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE