コンテンツにスキップする

日経平均1万円割れ、欧州問題や中国懸念-新興国関連下げ

東京株式相場は反落し、日経平均 株価は終値で8営業日ぶりに1万円の大台を割り込んだ。欧州債務危機 拡大への警戒や中国の金融引き締め懸念から、電機や精密機器、輸送用 機器など輸出関連株が下落。商社や海運といった中国を含む新興国経済 との関係が深い業種も売られ、鉄鋼は東証1部の業種別下落率1位。

日経平均株価の終値は前日比188円95銭(1.9%)安の9937円4 銭、TOPIXは13.65ポイント(1.6%)安の860.94と、ともにきょ うの安値で終了。

ニッセイアセットマネジメントの久保功株式ストラテジストは、 「中国は来週まで経済指標が相次ぐことから、何らかの引き締め策が出 る可能性は十分ある」と指摘。日本株も、新興国関連中心に「短期的な 上昇による反動が出やすい」との認識を示した。

11月に入ってからの急ピッチな上昇で、29日時点の東証1部騰落 レシオは過熱気味とされる120%を上回り、日経平均の25日移動平均 線からの上方かい離は4.5%に達していた。短期テクニカル指標に過熱 感が強まっていた中、きのうの欧米株式市場は欧州債務危機への警戒か ら下落。さらに、きょうの中国上海総合指数の下落率が一時3%を超え た影響も加わり、日本株は午後に一段安となった。

次のアイルランド探し、中国動向警戒

29日の欧州債市場では、スペインとイタリアの10年債のドイツ債 に対するプレミアム(上乗せ利回り)が、ユーロ導入後の最大を記録し た。しんきんアセットマネジメント投信の藤原直樹投信グループ長によ ると、「欧州の金融不安はじわじわと広がっており、上値を重くする要 因になっている」という。欧州連合の行政執行機関である欧州委員会は 2011年のユーロ圏成長率が1.5%と、今年の推定値1.7%から低下する 見込みと発表。景気先行きの減速が見込まれる状況とあって、アイルラ ンドの支援合意後も、波及懸念は根強かった。

また、30日付の中国英字紙チャイナ・デーリーによると、中国社 会科学院(CASS)のエコノミストが、中国人民銀行(中央銀行)は 2ポイントの追加利上げが必要だと指摘。あす発表になる中国の11月 製造業購買担当者指数(PMI)での仕入れ価格が高騰するのではない かとの観測もあり、「引き締めとなれば、中国の成長スピードが鈍化し かねないとの懸念が出ている」と、岡三証券投資戦略部の石黒英之日本 株情報グループ長は話していた。

新興国需要の恩恵を受けるとされる商社や非鉄金属、海運などが業 種別下落率上位に並ぶ中、特に下げが大きかったのは鉄鋼。みずほ証券 では29日、円高や価格弱含みで11年3月期業績の下振れの可能性があ るとし、新日本製鉄やJFEホールディングスの投資判断を「アウトパ フォーム」から「中立」に引き下げた。

東証1部の売買高は概算で21億7851万株、売買代金は同1兆 5216億円。値上がり銘柄数は224、値下がり1342。トヨタ自動車や東 京電力など時価総額上位銘柄の売買が活発だったこともあり、売買代金 は18日以来の高水準となった。

大手銀行株が下落、任天堂は大幅高

個別の材料銘柄では、クレディ・スイス証券が目標株価に対する上 昇余地が限定的だと指摘し、投資判断を「買い」から「中立」に引き下 げた三菱UFJフィナンシャル・グループやみずほフィナンシャルグル ープ、住友信託銀行などがそろって下落。東証1部値下がり率上位には 千葉興業銀行など地銀株も多く並んだ。独立系調査会社ティー・アイ・ ダブリューが中期的な成長ドライバーがみえにくく、最終利益が低水準 であることから上値は限定的だと指摘した日本板硝子も安い。

半面、米国で「ブラックフライデー」の週(21-27日)のゲーム 機「Wii(ウィー)」の販売が前年同期に比べて5万台増えた任天堂 が大幅高。粉体機器事業やプラントエンジニアリング事業での協力関係 構築で日清製粉グループと協議していくホソカワミクロンは急伸した。 島根県で鳥インフルエンザ感染の疑いがある鶏の死亡例が確認され、ダ イワボウホールディングスや大幸薬品など抗インフル関連銘柄も人気化 した。

新興市場は高安まちまち

新興市場は高安まちまち。ジャスダック指数の終値は前日比

0.04%高の49.08と続伸したが、東証マザーズ指数は0.3%安の384.78 と反落した。個別の材料銘柄では、新たな薬物送達システム(DDS) 製剤の研究開発を共同で行う契約を中国企業と締結したLTTバイオフ ァーマ、発行済み株式数の1.67%を上限に自己株を取得する情報技術 開発がそれぞれ急伸。半面、財務報告にかかる内部統制報告書に重要な 欠陥があることを記載する方針を決定したアクロディアは急反落。

--取材協力:池田亜希子 Editor:Shintaro Inkyo、Makiko Asai

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ先: 東京 長谷川敏郎 Toshiro Hasegawa +81-3-3201-8361 thasegawa6@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 香港 Nick Gentle +852-2977-6545 ngentle2@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE