コンテンツにスキップする

IHI株一段高で半年ぶり高値、米社から衛星用エンジン受注(訂正)

総合重機大手のIHI株が午後の 取引で一段高となり、前週末比4.7%高の178円と5月17日(182円) 以来、約半年ぶりの高値を付けた。同社は午前の取引終了後、米社か ら衛星用エンジンを含む計4台のエンジンの受注を発表しており、今 後の収益計上、宇宙部門の成長性を見込む買いが優勢になった。

同社が発表したリリースによると、同社子会社のIHIエアロス ペースは米ロッキード・マーチン社から通信衛星に搭載する衛星用エ ンジンを含む計4台のエンジンを受注した。今回の受注で、同子会社 の海外向け衛星用エンジンの受注は累計100台となったという。

IHI広報・IR室の山本健貴氏によると、今回の受注による売 上は4台受注で数億円程度。同エンジンは、「海外メーカーの標準装備 として採用されてから安定的に出るようになった」と山本氏は言う。

同社の今期(2011年3月期)の連結売上高計画は前期比5%減の 1兆1800億円、営業利益は26%減の350億円。航空・宇宙部門の売 上高は、前期比3.5%減の2800億円を見込んでいる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE