コンテンツにスキップする

中国:香港での国債入札、応札倍率は10倍-人民元需要の強さ反映

中国政府が香港で機関投資家 を対象に実施した国債50億元(約630億円)の入札は、応札倍率 が10倍に達し、人民元に対する世界的需要の拡大を示した。

表面利率は10億元の10年債が2.48%と、上海で取引され ている2020年9月償還債(4.01%)を下回る水準。20億元の5 年債は1.8%、20億元の3年債は1%。中国財政省が30日、香 港での記者会見で明らかにした。

オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)のエコノミ スト、劉利剛氏(香港在勤)は入札について、「応札額が高水準だ ったことは、国際投資家がこの国債を、人民元建て資産を保有する 絶好の機会とみなしたことを示している」と説明。「元相場の上昇 余地が大きいという見方を反映したものだ。利回りの低さをカバー することになる」と指摘した。

中国本土以外の投資家の人民元資産に対する需要は強い。香港 金融管理局(HKMA)によると、香港の元建て預金額は4-9月 に2倍以上となり1490億元に達した。

--Sonja Cheung, Belinda Cao. Editors: Sandy Hendry, Andrew Janes

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor: Akiyo Kinoshita 記事に関する記者への問い合わせ先: Sonja Cheung in Hong Kong at +852-2977-6934 or scheung58@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Sandy Hendry at +852-2977-6608 or shendry@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE