コンテンツにスキップする

トヨタ:米国でプリウス約37万8000台修理へ-冷却水ポンプに問題

トヨタ自動車は米国でハイブリッ ド車「プリウス」約37万8000台を修理することを明らかにした。ウ ォーターポンプの不具合で動力が失われる恐れがあるためとしている。

同社の広報担当、ジョン・ハンソン氏によると、修理対象は2004 年から07年までのモデル。ウォーターポンプの不具合が原因で気泡が 生じて冷却水の流れが妨げられ、過熱につながる可能性があるという。

同氏によると、安全性をめぐる問題ではないとの判断で、今回の 修理はリコール(無料の回収・修理)とはならない。関連の事故や負 傷はこれまでないという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE