コンテンツにスキップする

【テクニカル分析】ユーロ1.30ドル台割り込み一段安も-フィボナッチ

外為どっとコム総合研究所の川畑 琢也研究員は、テクニカル的にユーロが対ドルで下落基調が強まる可 能性が生じているとした上で、1ユーロ=1.30ドル台を割り込んで一 段安の展開を見込んでいる。

ユーロ・ドル相場は今月4日に一時1.4282ドルと、1月20日以 来のユーロ高値を付けた後に下落基調が継続。29日には1.3064ドル と、9月21日以来の安値まで水準を切り下げ、この日の東京市場では、

1.31ドル台前半で取引されている。

ユーロは前日の海外市場で、1.31ドル台前半に位置する200日移 動平均線を割り込み、フィボナッチ分析上で6月7日に付けた安値

1.1877ドルから今月4日の高値までの上昇分の半値戻しに当たる

1.3080ドルをいったん下抜けている。

川畑氏は61.8%戻しの1.2796ドルも明確に割り込むと、同水準 がユーロの「レジスタンス(上値抵抗線)」になりやすいとして、「目 標値として8月の安値1.2588ドルが点灯してくる可能性がある」と説 明している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE