コンテンツにスキップする

米社債保証コスト上昇、欧州ソブリン債危機懸念で-CDS

29日のクレジット・デフォル ト・スワップ(CDS)市場で、米企業の社債保証コストはここ5週 間余りで最高の水準に上昇。アイルランド救済策はまとまったものの、 欧州ソブリン債危機を封じ込めることはできないとの観測が広がった。

マークイット・グループによれば、北米企業の信用リスクの指標 であるマークイットCDX北米投資適格指数のスプレッドは、ニュー ヨーク時間午後5時36分(日本時間30日午前7時36分)現在、1.4 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の96.9bp。マー クイットのデータでは、これは97bpを付けた10月21日以来の高 水準。スプレッド上昇は通常、投資家心理の悪化を、低下は心理の改 善を意味する。

ソシエテ・ジェネラルの信用ストラテジスト、マイケル・レイナ ー氏(ニューヨーク在勤)は「間接的な影響の方が大きいにもかかわ らず、ソブリン債の問題が依然としてここでは支配的だ」と指摘。 「懸念を基にした取引となっている」と説明した。

米コナグラ・フーズなど食品メーカーの社債保証コストが上昇。 プライベートエクイティ(PE、未公開株)投資会社のグループが米 デルモンテ・フーズ買収で合意したことを受け、トレーダーやアナリ ストの間で、次なる標的をめぐる思惑が強まった。

CMAによれば、コナグラのCDSスプレッドは9.9bp上昇し て106.8bpと、2008年12月以来の高水準。食肉加工で米最大手の タイソン・フーズや米食品・家庭用品メーカー、サラ・リーの社債保 証コストも上昇した。

-- Editor: Pierre Paulden, Mitchell Martin

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki1@bloomberg.net    Editor:Akiko Kobari、Masashi Hinoki 記事に関する記者への問い合わせ先: Mary Childs in New York at +1-212-617-6289 or mchilds5@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Alan Goldstein at +1-212-617-6186 or agoldstein5@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE