コンテンツにスキップする

米シーゲイト:PE会社との交渉打ち切り、自社株買い承認

世界最大のディスク駆動装置メー カー、米シーゲイト・テクノロジーは非公開化につながるプライベー ト・エクイティ(PE、未公開株)投資会社との交渉を打ち切るとと もに、最大20億ドル(約1690億円)規模の自社株買いを承認した。 同社の株価は時間外取引で下落した。

シーゲイトのスティーブ・ルクゾ最高経営責任者(CEO)は発 表資料で、「経営陣と取締役会はPE投資会社主導のレバレッジド・バ イアウト(LBO)に関する協議の打ち切りを決定した」と表明。 さ らに、「力強い債券市場や、事業環境と他の資金調達手段の改善を考慮 し、当社は株主のリターンを最大にするため資本構造の最適化をさら に進める計画に乗り出した」と説明した。

協議が公開されていないことを理由に事情に詳しい関係者1人が 匿名で語ったところでは、買収交渉を主導していたTPGキャピタル が買収に十分なエクイティファンナンス調達で他のパートナーを見つ けることができず、同社との交渉は決裂したという。

シーゲイトの株価は通常取引終了後の時間外取引で終値から

6.2%下げて13ドル。終値は前日比3セント安の13.86ドルだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE