コンテンツにスキップする

NY金:反発、欧州債務への危機感収まらず-終値1367.50ドル

ニューヨーク金先物相場は3営 業日ぶりに上昇。欧州ソブリン債危機を受けて安全な逃避先としての 需要が高まるとの思惑から買いが入った。

アイルランドの救済がまとまったものの、欧州の債務危機が拡大 するとの懸念は残り、ユーロは対ドルで2カ月ぶりの安値に下落した。 金は年初から25%上昇、9日には1オンス=1424.30ドルと最高値 を更新した。

フューチャーパス・トレーディングのトレーダー、フランク・レ シュ氏(シカゴ在勤)は「通貨の価値が下落すると価値を維持するも のに資金が向うが、その投資対象は今のところ金だ」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物 2月限は前営業日比3.20ドル(0.2%)高の1オンス=1367.50ド ルで終えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE