コンテンツにスキップする

今日の国内市況:株と債券が反発、ドルは対円で2カ月ぶり84円前半

東京株式相場は反発。欧州債務問 題の拡大懸念や地政学リスクなどから為替市場がドル高傾向で推移、 対ドルでの円安や米国株先物の堅調な値動きを好感し、電機など輸出 関連株中心に幅広い業種が買われた。海運株のほか、ゴム製品や鉄鋼 など素材関連、銀行や証券といった金融株も高い。

日経平均株価の終値は前週末比86円43銭(0.9%)高の1万125 円99銭と6月21日以来、5カ月ぶりの高値。TOPIXは7.78ポイ ント(0.9%)高の874.59。

先週末の欧米、新興国株式市場はおおむね軟調だったが、日本株 は終日堅調に推移した。午前はユーロ安が不安視され一時伸び悩む場 面もあったが、その後に欧州中央銀行(ECB)政策委員会メンバー のノワイエ・フランス銀行(中央銀行)総裁や日本銀行の白川方明総 裁などの発言が伝えられると、再度買い直された。東証1部33業種は、 29業種が上げる全般底上げの様相。

26日の欧州債市場では、アイルランドやスペイン10年債の独10 年債に対するプレミアム(上乗せ利回り)がユーロ導入以降の最大を 記録した。欧州のソブリン債務負担がさらに重くなるとの不安に加え、 北朝鮮と韓国の衝突が激化するとの懸念から、同日のニューヨーク外 国為替市場では逃避通貨としてのドル買いが先行。その流れは29日の 東京時間も継続し、ドル・円は1ドル=84円台前半で安定推移した。

欧州の財務相らは28日、アイルランド向けの850億ユーロ(約9 兆5000億円)の緊急支援パッケージを承認、将来の財政危機時に債券 保有者にも負担を求める提案を緩めた独仏の妥協案を支持した。フラ ンス銀のノワイエ総裁は、ユーロの将来をめぐる疑念は完全に払しょ くされた、と述べていた。

一方、日銀の白川総裁は29日午前、指数連動型上場投資信託(E TF)や不動産投資信託(J-REIT)を含む5兆円の資産買い入 れ等基金を今後拡大する可能性について、「効果と副作用を点検した上 で、効果が勝ると判断し、かつ経済がわれわれの想定より厳しいとな れば、有力な選択肢の1つだ」と語った。

東証1部の売買高は概算で17億2944万株、売買代金は1兆1445 億円。値上がり銘柄数は1150、値下がり銘柄数は343。

債券相場は反発

債券相場は反発。株式相場の上昇を受けて朝方には先物市場で売 りが先行したが、前週末の米国債相場が反発したことが支えとなった。 また、長期金利が節目とされる1.2%付近まで上昇したことで、投資 家などからの買いが入り、相場は午後に水準を切り上げた。

東京先物市場で中心限月12月物は、前週末比12銭安の140円45 銭で始まり、直後に140円41銭まで下落。中心限月としては6月17 日以来、約5カ月ぶりの安値を付けた。しかしその後は買いが優勢と なり、プラスに転じた。午後に入るとじり高となり、取引終了間際に は34銭高まで上昇した。結局は28銭高の140円85銭で引けた。

日銀はこの日午前、資産買い入れ等の基金による長期国債の買い 入れ入札1500億円を実施した。スタート日は12月2日。対象銘柄は 2年債が297回、298回、5年債が66回、67回、10年債が241回、 242回。

現物債市場で長期金利の指標とされる新発10年物の310回債利回 りは、前週末比0.5ベーシスポイント(bp)低い1.185%で始まった。 直後に、1.19%と、前週末に記録した約2カ月半ぶりの高水準に並ん だ。しかし、次第に買いが優勢になって水準を切り下げ、午後2時過 ぎには2bp低い1.17%まで低下した。その後は1.175%で取引されて いる。

中期債も売りが先行したが、その後は買いが入って戻している。 2年物の299回債利回りは一時前週末比1bp高い0.21%に上昇。新発 2年債としては、昨年12月1日以来の高水準を付けた。その後は0.20 -0.205%で推移している。また、新発5年債利回りは0.47%と約半 年ぶり高水準を付けたが、一時は0.5bp低い0.455%に低下する場面 があった。

ドルが対ユーロ、対円で2カ月ぶり高値

東京外国為替市場ではドルがユーロや円に対して約2カ月ぶりの 高値をつけた。アイルランドへの緊急支援策合意後も欧州重債務国へ の危機波及に対する懸念が払しょくされず、朝鮮半島情勢をめぐる地 政学リスクも意識されるなか、引き続き逃避通貨であるドルを買う動 きが優勢となった。

ドルは対ユーロで一時、1ユーロ=1.3200ドルを突破し、9月21 日以来の高値となる1.3182ドルまで上昇。対円では一時、1ドル=84 円20銭と9月28日以来の高値を更新する場面が見られた。

主要6通貨に対するインターコンチネンタル取引所(ICE)の ドル指数は一時、80.652まで上昇し、9月21日以来の高値を更新。 同指数は米連邦公開市場委員会(FOMC)が6000億ドルの国債の追 加購入を決定した翌日の4日に、昨年12月以来の低水準となる75.631 をつけていた。

この日の外国為替市場は、アイルランドが週末に850億ユーロ(約 9兆5000億円)の緊急支援パッケージを確保したことを受け、ユーロ 買い先行で始まった。

ユーロは対ドルで一時、1.3354ドルと前週末終値(1.3242ドル) と比べて約0.01ドル程度上昇。対円でも一時、1ユーロ=111円98 銭(前週末終値は111円37銭)までユーロ高に振れる場面が見られた。

しかし、ポルトガルやスペインなど他の欧州重債務国への危機波 及懸念がくすぶるなか、ユーロはすぐに反落。対円では一時、111円 ちょうどを割り込み、110円90銭まで値を切り下げた。

オーストラリア・ドルは対米ドルで一時、約8週間ぶりの安値に 下落。朝鮮半島での軍事行動がエスカレートするとの懸念から、リス ク資産への需要が減少した。ニュージーラン・ドルは一時、対米ドル で10月28日以来の安値をつける場面が見られた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE