コンテンツにスキップする

中国株(終了):続落、金融引き締め懸念で-工商銀や江西銅業が安い

中国株式相場は下落。上海総合 指数は2営業日連続の下げとなった。インフレ抑制に向けた一段の金 融政策の引き締めが、同国の経済成長を鈍化させるとの観測が響いた。

中国工商銀行(601398 CH)は0.7%安。中国の監督当局は新た な基準作りを完了させるため、銀行から集計したデータを精査してい ると、中国紙、経済観察報が報じた。銅価格の下落を受け、銅生産中 国最大手の江西銅業(600362 CH)は2.2%安。中国石炭最大手の中 国神華能源(601088 CH)も安い。

一方、医薬品や医療機器の製造を手掛ける上海復星医薬(集団) (600196 CH)の主導でヘルスケアや生活必需品関連株は上昇。これ らの業界は金融引き締めの影響を受けにくいとの観測が支えになった。 酒造メーカーの貴州茅台酒(600519 CH)が高い。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動す る上海総合指数は、前週末比5.34ポイント(0.2%)安の2866.36 で取引終了。26日は0.9%安だった。上海、深セン両証取のA株に連 動するCSI300指数は前週末比0.2%安の3190.05。

大衆保険のファンドマネジャー、呉侃氏(上海在勤)は「利上げ など金融引き締めの観測を背景に、投資家は依然慎重だ」と指摘。 「下落圧力を伴った相場の変動が続くだろう」との見通しを示した。

--Irene Shen. Editors: Darren Boey, Sandy Hendry.

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net  Editor:Masashi Hinoki 記事に関する記者への問い合わせ先: Irene Shen in Shanghai at +86-21-6104-3049 or ishen4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Darren Boey at +852-2977-6646 or dboey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE