コンテンツにスキップする

英スタンダードチャータード銀、金融市場部門で1800人採用へ

英スタンダードチャータード銀行 は、今後3年間で世界のトレーディング・引き受け事業で約1800人を 採用し、これら事業の人員を倍増させる計画であることを明らかにし た。

金融市場部門の責任者、レオナルド・フィーダー氏はシンガポー ルで25日にインタビューに応じ、増員計画はこれらの事業による純収 入を2014年までに約100億ドル(約8400億円)に引き上げる目標達 成手段の一つだと述べた。昨年は44億ドルだった。同事業部門の人員 数は現在、1700人。

フィーダー氏は「これは始まりにすぎない」と語った。同氏は米 ベアー・スターンズに11年在籍し、プライムブローカレッジ部門の共 同責任者などを務めた後、07年7月にスタンダードチャータード銀に 入った。

米ゴールドマン・サックス・グループは昨年、投資銀行業務とト レーディング業務で380億ドルの収入を得た。スタンダードチャータ ード銀はこうした企業との競合に挑んでいる状況だ。

スタンダードチャータード銀は利益の大半をアジア市場で獲得し ている。フィーダー氏によれば、同行は中国人民元建て証券の引き受 け事業を拡大するほか、株式や商品、通貨の顧客向けトレーディング を増やす計画だ。同氏は、オフショアの人民元建て商品は「恐らく、 われわれのリストの最上位にある」と発言。同行は今年8月、ファス トフード最大手の米マクドナルドによる香港での人民元建て債発行業 務を引き受けた。香港で金融機関以外の外国企業が社債を発行したの は、これが初めてだった。

フィーダー氏はまた、具体名は挙げなかったものの、過去1年で 買収候補15件ほどを調査したと説明した。株式業務では、スタンダー ドチャータード銀の伝統的な地盤である香港やシンガポール、インド、 韓国などだけでなく、インドネシアやマレーシア、タイなどでも事業 を拡大したいとの考えを示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE