コンテンツにスキップする

インド国債相場:今月は5月以来の大幅高へ-30日にGDP発表

今月のインド国債相場は、5月 以来最良の月となりそうだ。国内総生産(GDP)が3四半期連続で 8%を上回る成長となる勢いで、政府は財政赤字削減を進める一方、補 助金を追加する。

ブルームバーグ・ニュースがエコノミスト30人を対象にまとめた 調査の予想中央値によれば、政府が30日発表する7-9月(第3四半 期)GDPは前年同期比8.2%増と見込まれている。ムカジー財務相は 15日、価格を抑えるため肥料メーカー向けの500億ルピー(約920億 円)の新たな補助金の議会承認を求めた。8月の石油関連の補助金 1400億ルピーに続く。

インド10年国債の利回りは11月、14ベーシスポイント(bp、 1bp=0.01%)低下し7.97%となった。今月ブラジル、ロシア、イ ンド、中国のいわゆるBRICsで10年国債が値上がりしたのはイン ドだけ。

インドの卸売物価に基づくインフレ率は10月に8.58%となり、 今年最高だった4月の11%から低下。政府は財政赤字を昨年の対GD P比6.9%から5.5%に削減する方針。

シティグループのエコノミスト(ムンバイ在勤)、ロヒニ・マルカ ニ氏は23日のインタビューで、「力強い税収で目標は達成されるだろ う。ただ追加歳出が懸念材料だ」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE