コンテンツにスキップする

東芝:カザフで実証試験、ウラン抽出後溶液からレアアース回収

東芝は29日、ウランを抽出した後の 溶液からレアアース・レアメタルを回収する技術を開発し、カザフスタ ン共和国で実証試験を実施すると発表した。同試験は独立行政法人石油 天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)の支援を受けて行う。今 回開発した技術をカザフスタンで広く展開することで、将来的に日本国 内で使用されている希土類磁石原料の5%程度を回収できると考えてい るという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE