コンテンツにスキップする

中国人画家の常玉の菊の絵画、過去最高の5.8億円で落札-香港の競売

中国出身の画家、常玉(サンユ ー)の菊の花を描いた作品が27日夜、英クリスティーズ・インターナ ショナルが香港で開いたオークションでこの画家としては過去最高額の 5330万香港ドル(約5億8000万円)で落札された。

電話による入札者2人が競り合い、絵画作品「青と白の植木鉢に植 えられた菊」の落札価格は事前予想の3500万香港ドルを上回った。常 玉の作品のこれまでの最高額は2009年5月にクリスティーズのオーク ションで付けられた4210万香港ドルだった。

この夜、アジアの現代美術や中国の20世紀の美術作品44点のオ ークションが行われた会場は大勢のバイヤーでにぎわい、落札総額は2 億9130万香港ドル。予想総額の上限の3億4060万香港ドル、昨年の 売上高3億8930万香港ドルを下回った。

また、クリスティーズは2日間のオークションで総額8030万香港 ドルのワインを売り上げた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE