コンテンツにスキップする

イランのブシェール原発、来年1月までに操業開始へ-原子力庁長官

イランのサレヒ原子力庁長官は、 同国初の原子力発電所の原子炉への燃料装てんが完了したことを明ら かにした。同国は来年1月後半までに南部ブーシェフル市にある同原 発の操業を開始することを目標としている。

イラン国営プレスTVのウェブサイトに掲載されたリポートによ れば、同長官は27日、操業開始に向け、原子炉中心部の水温を徐々 に上げる必要があり、一連の検査も実施されなくてはならないと説明 した。

その上で「ブーシェフル原発が向こう1、2カ月で国内の配電網 への供給を開始することを望んでいる」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE