コンテンツにスキップする

英ロールスロイスが中国で強気の戦略、8000万円超でも超高級車好調

ドイツの自動車メーカー、BM Wの超高級車ブランド、ロールスロイス・モーター・カーズは、2011 年に中国で800台を販売する計画だ。同社は世界最大の自動車市場で ある中国で、販売台数を2年間に8倍に拡大することを目指している。

ロールスロイスのアジア太平洋地域担当ディレクター、ポール・ ハリス氏は26日のインタビューで、同社が今年10月までの10カ月 間に中国で500台近くを販売したと述べた。前年は年間実績で約100 台だった。同社は香港も中国の販売台数に含めている。

中国では所得の増加で超高級車の売り上げが拡大するなか、ロー ルスロイスは「ファントム」や「ゴースト」の販売を伸ばしている。 同社は独フォルクスワーゲン(VW)傘下の英ベントレーや独ダイム ラーのメイバッハなどと競合する。

ハリス氏は、「中国市場には総じて一つの方向性しか見られない」 と発言。「並外れた成長というのがそれだ。当面は継続するだろう」 と述べた。

ロールスロイスのファントムの販売価格は660万元以上(約 8300万円)。ゴーストは410万元となっている。中国では輸入高級 車にかかる税金が高い。ファントムの米国での価格は38万ドル(約 3200万円)以上。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE