コンテンツにスキップする

BASF:中国で10億ユーロ強の追加設備投資目指す、数年中に-FT

化学メーカー最大手の独BASF は、中国で数年以内に10億ユーロ強の追加設備投資を行うことを目指し ている。英紙フィナンシャル・タイムズが同社のマーチン・ブルーダー ミューラー取締役のインタビューでの発言として報じた。同紙によれ ば、ブルーダーミューラー取締役は、2014年までにアジアの100カ所 に20億ユーロ余りを投じる計画だとした上で、そのうち少なくとも半分 を中国に振り向けたいと語った。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 内田良治 Ryoji Uchida +81-3-3201-3396 ruchida2@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE