コンテンツにスキップする

東芝:ウラン採掘時にレアアース回収、カザフで実証実験-日経

東芝は原子力発電の廃棄物処理技術 を応用し、ウラン採掘の過程で発生する副産物からレアアース(希土 類)やレアメタル(希少金属)を回収する技術を開発したと29日付の日 本経済新聞朝刊が報じた。近くカザフスタン共和国のウラン鉱山で実証 実験を開始し、2012年度中の実用化を目指すという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE