コンテンツにスキップする

沖縄県知事選:きょう投開票、有力2候補とも普天間日米合意に反対

任期満了に伴う沖縄県知事選は28 日投開票が行われる。無所属で現職の仲井真弘多知事(71)と無所属で 前宜野湾市長の伊波洋一氏(58)による事実上の一騎打ちの構図。両氏 とも米海兵隊普天間飛行場を同県名護市辺野古崎に移設するとした5 月の日米合意に反対しており、菅直人政権に普天間問題が難題としてあ らためて突き付けられる形となりそうだ。

仲井真氏は公明党、みんなの党に加え、自民党沖縄県連が推薦。伊 波氏は共産、社民、地域政党の沖縄社会大衆党のほか、連立与党の国民 新、新党日本も推薦している。民主党はいずれの候補への支持も見送っ た。幸福実現党の金城竜郎氏(46)も立候補している。

伊波洋一氏は辺野古への県内移設を断念させて、普天間飛行場の早 期閉鎖、返還を実現させるよう訴えた。これに対し、仲井真氏も、日米 合意を見直し、県外移設を求める考えを示していた。

明治学院大学の川上和久教授は知事選の結果が今後の普天間移設 問題に与える影響について「仲井真さんの場合は、前に辺野古に賛成し ているので、菅政権が頭を下げて謝罪し、日米同盟の重要性を訴えて意 を尽くせば、説得の余地があるが、伊波さんになった場合は、菅政権は ますますピンチだ。どんなに説得しようとしても無駄だ」と語った。

古川元久官房副長官は26日午後の記者会見で、普天間移設問題に 対する政府の姿勢について「従来から首相が言っている通り、沖縄の皆 さんに真摯(し)にご理解を得るように努力をしていくということだ」 と述べている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE