コンテンツにスキップする

仙石・馬淵氏の問責可決、尖閣問題で、補正は成立-政権運営袋小路に

参院本会議は27日未明までに、尖 閣諸島沖での中国漁船衝突事件への対応が不適切として自民党などが 提出した仙谷由人官房長官と馬淵澄夫国土交通相の問責決議案を野党 の賛成多数で可決した。参院がウェブサイト上で公表した。これに先立 ち、総額5.1兆円規模の2010年度補正予算は成立した。

参院ウェブサイトによると、26日深夜に仙谷官房長官、27日未明 に馬淵国交相の問責決議案がそれぞれ可決された。また、26日に採決さ れた補正予算は否決され、両院協議会が妥結しなかったことから衆院の 議決が優先となり成立した。

政治評論家の浅川博忠氏は、菅直人首相の今後の政権運営について 「2閣僚が問責を受けたままでは来年の通常国会運営は難しいため、12 月にも2人のポジション替えのための部分的な内閣改造があり得る」と 分析。ただ「あまりに苦肉の策なので支持率を下げる要素になりかねず どんどん袋小路に追いつめられていくだろう」と述べた。

--取材協力:坂巻幸子 Editor: Kazu Hirano

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ先: 東京 谷口 崇子 Takako Taniguchi +81-3-3201-3048  ttaniguchi4@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651  yokubo1@bloomberg.net

Brian Fowler +81-3-3201-8891  bfowler4@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE