コンテンツにスキップする

欧州の景気回復にリスク、債務危機の解消なければ-ユーロフレーム

欧州債務危機が解消されなければ、 域内の景気回復は後退するリスクを抱えながら「不安定な状態」が向 こう2年間続くと、欧州の経済研究所から成るユーロフレームはみて いる。

ユーロフレームは26日公表した報告書で、ユーロ圏の経済成長率 について2011年が1.6%、12年は1.7%と予想。ただ、この見通しは 域内の危機が「封じ込められた」ことを前提としている。ユーロフレ ームはドイツ経済研究所(DIW)や英国民経済社会研究所(NIE SR)、アイルランド経済社会研究所(ESRI)などで構成される。

アイルランドが21日に欧州連合(EU)と国際通貨基金(IMF) に金融支援を要請して以降、欧州ソブリン債危機の悪影響が広がりつ つある。25日の欧州債市場では、10年物アイルランド国債のドイツ国 債に対する利回り上乗せ幅(スプレッド)が22ベーシスポイント(b p、1bp=0.01%)拡大し637bpに達した。スペイン国債の同ス プレッドは過去最大に広がった。

ユーロフレームは「当局によるアイルランドへの介入で、悪影響 のさらなる拡大を食い止めることが期待される。ただ、かなりの不確 実性が残ったままであり、これが解消されなければユーロ圏経済に悪 影響を及ぼすだろう」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE