コンテンツにスキップする

NY原油先物時間外:下落、83ドル台-欧州債務危機の拡大懸念で

ニューヨーク原油先物相場は26 日の時間外取引で下落。アイルランドの債務危機がポルトガルやスペイ ンにも広がるとの懸念が強まった。

ユーロは対ドルで下落し、原材料に対する投資家需要を圧迫し た。25日は感謝祭の祝日で米市場は休場。

オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)の商品調査担当 責任者、マーク・パーバン氏(メルボルン在勤)は米市場が休場してい ることで「欧州とアイルランドの救済協議に関心が集まった。ソブリン 債懸念が原油価格を圧迫している」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物1月限はシドニ ー時間午前11時58分(日本時間同9時58分)現在、32セント (0.4%)安の1バレル=83.86ドルで推移している。今週に入ってか らは2.9%の上昇で、週間ベースでは3週間ぶりの上昇となりそうだ。 年初来の上昇率は5.6%。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE