コンテンツにスキップする

KDDI:スマートフォン新機種、シャープに60万台発注

国内通信2位KDDIは、26日発 売のスマートフォン(多機能携帯電話)新製品を製造元のシャープに約 60万台発注した。発売前の引き合いが好調なため。同日に都内で開いた 発売イベントで田中孝司次期社長が記者団に語った。

新製品は10月4日に投入を発表。KDDIの個人向けスマートフ ォンでは3機種目で、ワンセグ放送受信や「おサイフケータイ」など日 本独自の機能を搭載した。KDDIは、他社に比べ出遅れていたスマー トフォン戦略で巻き返す方針。田中氏によると、過去に発売した2機種 の販売実績は、各15万台程度だった。

同次期社長は新製品について、予約登録すれば予備のバッテリーを 提供するサイト上のキャンペーンで、25日までに27万件と「KDDI 始まって以来」の登録があったと述べた。ただ、大多数の購入目的は買 い替えであり「新規は1割程度だと思う」と語った。

田中氏はまた、オーストリアの企業向けソフトウエア会社S&Tシ ステム・インテグレーション・アンド・テクノロジー・ディストリビュ ーションが25日に、同社株の最大29.99%をKDDIが取得する可能性 があると表明したことについては、コメントを避けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE