コンテンツにスキップする

ECBメルシュ氏:債券購入プログラムをめぐる状況が変わった

欧州中央銀行(ECB)政策委員会 メンバー、ルクセンブルク中銀のメルシュ総裁は、ECBの債券購入プ ログラムの必要性が現在は減ったとの認識を示した。ただ、この計画を 解消すべきであることを意味するものではないとも述べた。米経済専門 局CNBCとのインタビューで語ったもので、5月にユーロ圏支援基金 がまとまったことで、「状況が変わった」と指摘した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 蒲原桂子 Keiko Kambara +81-3-3201-2359 kkambara@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE