コンテンツにスキップする

ユーロ相場は「嵐の前の静けさ」、債務危機への対応失敗で-三菱東京

ユーロ相場について三菱東京U FJ銀行は、現在は小康状態となっているものの、域内のソブリン債 務危機に歯止めをかける取り組みが失敗したため、新たな売り圧力に 押される恐れがあるとの見通しを示した。

三菱東京の欧州為替ストラテジー責任者のデレク・ハルペニー氏 (ロンドン在勤)は23日、投資家へのリポートで「ユーロ圏当局の 債務危機阻止の能力に対し、金融市場がある時点で信頼感を喪失する リスクが本格的になりつつある」と指摘した。

ハルペニー氏は、「ユーロ圏全体で7月に実施された銀行ストレ ステスト(健全性審査)は、アイルランドの銀行セクターを救済する 必要が生じたことで、信ぴょう性が完全に無くなった」と説明。「ギ リシャに対する救済措置は、同国の債務返済能力の信頼回復につなが らなかった」との見方を示した。アイルランドが救済を要請した今、 「楽観論の後退は明白であり、理解できることだ。現在のユーロ相場 が比較的安定しているのは、たぶん嵐の前の静けさだろう」と指摘し た。

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net  Editor:Masashi Hinoki 記事に関する記者への問い合わせ先: Paul Dobson in London at +44-20-7673-2041 or pdobson2@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Daniel Tilles at +44-20-7673-2649 or dtilles@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE