コンテンツにスキップする

11月23日の米国マーケットサマリー:株安・国債高、北朝鮮情勢などで

ニューヨークの為替・株式・債 券・商品相場は次の通り。(表はNY午後4時現在)

為替 スポット価格 前営業日 ユーロ/ドル 1.3372 1.3627 ドル/円 83.15 83.33 ユーロ/円 111.19 113.56

株 終値 (暫定値) 前営業日比 変化率 ダウ工業株30種 11,036.37 -142.21 -1.3% S&P500種 1,180.73 -17.11 -1.4% ナスダック総合指数 2,494.95 -37.07 -1.5%

債券 直近利回り 前営業日比 米国債2年物 .44% -.02 米国債10年物 2.76% -.04 米国債30年物 4.18% -.03

商品 (中心限月) 終値 前営業日比 変化率 COMEX金 (ドル/オンス) 1,377.60 +19.80 +1.46% 原油先物 (ドル/バレル) 81.47 -.27 -.33%

◎外国為替市場

ニューヨーク外国為替市場ではユーロが9月以降で初めて1ユ ーロ=1.34ドルを割り込んだ。ドイツのメルケル首相は、アイル ランドによる金融支援要請を踏まえ、ユーロが「異例に深刻な」状 況下にあるとの見解を示した。

円はオーストラリア・ドルとカナダ・ドルに対して上昇。北朝 鮮と韓国が砲撃を交わしたことを背景に、逃避先としての円買いが 膨らんだ。ドルは円に対して軟調に推移。この日公表された連邦公 開市場委員会(FOMC、2-3日開催)の議事録では、メンバー の一部が量的緩和によるドル相場へのリスクを懸念していたことが 示された。ユーロはすべての主要通貨に対して下落。ポルトガルと スペインの銀行の社債保証コストが上昇するなか、市場の関心が両 国に移るとの懸念が強まった。

オンラインでの為替取引を扱うGFTフォレックスの為替調査 担当ディレクター、キャシー・リーン氏(ニューヨーク在勤)は、 「欧州でまた一つ、ドミノが倒れる可能性は非常に高い」と指摘。 「不透明感を高めるリスクはこれまでもそうだが、今後も通貨を圧 迫し続け、投資家を神経質にするだろう」と述べた。

ニューヨーク時間午後2時20分現在、ユーロはドルに対して 前日比1.9%安の1ユーロ=1.3368ドル(前日は1.3627ド ル)。スイス・フランはユーロに対して1.1%高の1ユーロ=

1.3333フラン(同1.3484フラン)。円はユーロに対して

2.1%高の1ユーロ=111円24銭(同113円56銭)。ドルは 円に対して0.2%安の1ドル=83円16銭(同83円33銭)。

◎米国株式市場

米株式相場は続落。北朝鮮による韓国への砲撃や欧州債務危機、 さらには中国のインフレ抑制策が世界的な景気回復を減速させると の懸念が売り材料だった。

米住宅建設のパルトグループやD.R.ホートンは下落。午 前に発表された10月の米中古住宅販売は予想を下回った。グラフ ィックソフトウエアを手掛けるアドビ・システムズも下落。アナリ ストによるアドビの2011年度上半期の業績予想は高過ぎる可能性 があると、モルガン・スタンレーが指摘したのが手掛かり。データ ストレージ・ネットワーク用のスイッチメーカー最大手、ブロケー ド・コミュニケーションズ・システムズも安い。同社の四半期利益 予想はアナリスト予想を下回った。

ニューヨーク時間午後4時過ぎの暫定値では、S&P500種株 価指数は前日比1.4%安の1180.73。一時は1.8%安と、8月 11日以来で最大の下げとなった。ダウ工業株30種平均は

142.21ドル(1.3%)下げて11036.37ドル。

リッジワース・キャピタル・マネジメントのファンドマネジ ャー、ドン・ワーデル氏は、「不安に包まれた一日だった」と述べ、 「市場には欧州の債務懸念や朝鮮半島の緊張、ヘッジファンドへの 調査、低迷する住宅統計といった材料が相次いだ。悪いニュースば かりだ。これではリスクをとろうという気にはならない」と続けた。

◎米国債市場

米国債相場は上昇。北朝鮮と韓国が交戦したことに加え、アイ ルランドの金融危機が波及するとの懸念から安全性を求めた買いが 入った。

北朝鮮は韓国との国境線付近に砲撃。メルケル首相はユーロが 「異例に深刻な」状況にあると指摘した。これらを材料に10年債 利回りは約1週間ぶりの水準に低下した。ただ、米5年債入札で6 月以来の弱い需要だったことが判明すると、利回りは低下幅を縮小 した。

モルガン・スタンレー・スミス・バーニーのチーフ債券ストラ テジスト、ケビン・フラナガン氏は、「アイルランド問題と朝鮮半 島情勢に反応した後とあり、今は少し落ち着いている」と述べた。

BGキャンター・マーケット・データによると、ニューヨーク 時間午後2時07分現在、10年債利回りは前日比4ベーシスポイ ント(bp、1bp=0.01%)低下の2.76%。同年債(表面利 回り2.625%、償還2020年11月)価格は12/32上昇の98 25/32。

◎金先物市場

ニューヨーク金先物相場は大幅続伸。欧州ソブリン債危機と朝 鮮半島の緊張を背景に質への逃避買いが入り、2週間ぶりの大幅高 となった。

アイルランドが支援を要請したことで、今度はポルトガルや スペインの赤字に信用市場の焦点が移るなか、ユーロは対ドルで 8月以来の大幅安となっている。北朝鮮は軍事国境線に近い韓国 の延坪島(ヨンピョンド)を砲撃、韓国も応戦した。金は今年に 入り26%の値上がり。9日には1オンス=1424.30ドルの過去 最高値を記録した。

ラサール・フューチャーズ・グループ(シカゴ)の金属トレ ーダー、マット・ジーマン氏は、「リスクを避けて金などの資産を 買う質への逃避がみられる」と指摘。「危機の波及と朝鮮半島の緊 張への懸念から、猛烈な勢いでユーロが売られている」と続けた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金 先物相場12月限は前日比19.80ドル(1.5%)高の1オンス=

1377.60 ドルで終えた。中心限月としては11月4日以来の大幅 高。

◎原油先物市場

ニューヨーク原油先物相場は3日続落。ドイツのメルケル首相 がユーロについて「異例の深刻な」状況にあると述べたことをきっ かけに、欧州の債務危機で経済成長が損なわれるとの懸念が広がっ た。

外国為替市場ではドルが対ユーロで3カ月ぶりの大幅高となり、 原油先物相場は0.6%下げた。アイルランドは21日、欧州連合 (EU)と国際通貨基金(IMF)に支援を要請した。ドルの上昇 は代替資産としての商品の魅力を低下させる。

ショーク・グループ(ペンシルベニア州ビラノバ)のスティー ブン・ショーク社長は、「欧州の危機が波及し、おそらく次はポル トガル、とどめの一撃がスペインになるのではないかと市場では懸 念されている」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物1月限は前 日比49セント(0.60%)安の1バレル=81.25ドルで終了。過 去1年間では4.8%の値上がり。

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212- 617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 千葉 茂 Shigeru Chiba +1-212-617-3007 schiba4@bloomberg.net Editor:Akiko Nishimae 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE