コンテンツにスキップする

中国人民元:3日続落-北朝鮮と韓国間の砲撃で安全需要高まる

23日の中国人民元は、ドル に対し3営業日続落。北朝鮮と韓国が砲火を交わしたことを受け、 安全資産への逃避の動きでドル需要が高まった。アジア株も下落し た。

韓国政府の発表やYTNテレビの報道によると、北朝鮮による 砲撃で韓国の兵士14人が死傷した。韓国側も応戦して砲撃したほ か、戦闘機を緊急発進させた。ブルームバーグのデータによれば、 中国株式の指標である上海総合指数が1.9%下げるなど、この日 のアジア株式相場は総じて安い。

中国外国為替取引システム(CFETS)によると、人民元は 上海時間午後5時52分(日本時間同6時52分)現在、前日比0.1% 安の1ドル=6.6449元。中国人民銀行(中央銀行)はこの日、元 の中心レートを1ドル=6.6469元に設定。前日から0.12%引き 下げた。

人民元の1年物ノンデリバラブル・フォワード(NDF)は前 日比0.6%安の1ドル=6.4988元。NDFは元が今後1年で

2.2%上昇するとの予想を織り込んでいる。

--Sonja Cheung and Judy Chen. Editors: Andrew Janes, Dirk Beveridge

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ロンドン 藤森英明 Hideharu Fujimori +44-20-7673-2178 hfujimori@bloomberg.net

Editor: Akiyo Kinoshita 記事に関する記者への問い合わせ先: Sonja Cheung in Hong Kong at +852-2977-6934 or scheung58@bloomberg.net; Judy Chen in Shanghai at +86-21-6104-3043 or xchen45@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Sandy Hendry at +852-2977-6608 or shendry@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE