コンテンツにスキップする

NY金(22日):上昇、欧州債務危機の波及を警戒-安全資産に需要

ニューヨーク金先物相場は上 昇。欧州のソブリン債危機が波及するとの観測から、安全な金に 資金を逃避させる動きが進み、金は1週間ぶり高値に押し上げら れた。

格付け会社ムーディーズ ・インベスターズ・サービスは、ア イルランドの信用格付け「Aa2」について、複数段階の格下げ になる可能性が非常に高いとの見方を示した。これを受けて外国 為替市場ではユーロが対ドルで下落。金は今年に入ってから24% 値上がりし、今月9日には1オンス=1424.30ドルの過去最高値 を記録した。

インテグレーテッド・ブローカレッジ・サービシズ(シカゴ) のヘッドディーラー、フランク・マギー氏は、「アイルランド支援 要請に対するユーロの反応を見て、安全性を求めて金買いに戻っ た投資家は多い」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金 先物相場12月限は前営業日比5.50ドル(0.4%)高の1オンス =1357.80ドルで終えた。一時は今月15日以来の高値となる

1364.80 ドルまで上昇した。金は過去2週間で3.2%下げていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE